遺伝子治療をご存じですか

がんは遺伝子の病気です。
遺伝子が変異することで、細胞は傷ついてがん化します。
(がん化とは、細胞が無制限増殖して、細胞死する機能が無い状態)
傷ついた遺伝子を直して、正常な遺伝子にするのが遺伝子治療です。

従来の抗がん剤治療

新しく出来た細胞(新生悪性腫瘍)を目がけて殺傷する治療です。



遺伝子治療

がんは、新生血管(腫瘍血管)を自ら作り、栄養や酸素を供給して、腫瘍を大きくして(進行がん)行き、転移も越こします。遺伝子治療は、新生血管を壊死させ、いわゆる「兵糧攻め」「がん細胞の縮小に働く作用」両面を備えて、がん細胞を消滅させます。
(新生血管がなければ、がん組織は1~2mm以上になりません。その後壊死します)



治療法

点滴治療(30分余り、全身投与)と腫瘍内に直接投与(局注 30分~40分)があります。



がんに罹患された方、再発された方、又再発が心配な方
治療法がない方、緩和ケアの方、余命宣告を受けた方
あきらめないで下さい。
最新の遺伝子治療をご紹介致します。
お気軽にご相談下さい。

遺伝子治療

最新のがん治療をお知らせ致します

治療が受けられる施設

よくある質問

遺伝子治療ってどんなことをするのですか?
まとめてお答えします。


アルテスネイト

アルテスネイトの抗腫瘍作用のメカニズムは、がん細胞内でフリーラジカルの産生を増やし、酸化ストレスを高めて、がん細胞に細胞死を引き起こします。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

今後遺伝子治療は、がん治療の中心的治療になって行きます。
無料で治療相談を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
丁寧に治療説明をさせて頂きます。

医療法人桂名会 木村病院

TEL 052-781-1119