遺伝子治療【E10A】

がんは遺伝子の病気です。
遺伝子が変異することで、細胞は傷ついてがん化します。
傷ついた遺伝子を直して、正常な遺伝子にするのが遺伝子治療です。

遺伝子治療は、このような患者様にお薦め致します

手術・抗がん剤治療・放射線治療(標準治療)で治療効果が出ていない患者様

抗がん剤治療・放射線治療が、体に合わない患者様

再発が、心配な患者様

手術・抗がん剤治療・放射線治療は行ったが、不安である。
再発の可能性があります。

手術をしても、既にがん細胞 (細胞レベルで画像診断では写らない) が転移している可能があります。

抗がん剤治療も薬剤耐性が出来て、効かなくなる事があります。
(がん遺伝子治療では、遺伝子が直接がん細胞に入る為に、薬剤耐性は起りません) 

再発すると治る可能性は、低くなります。
抗がん剤治療の再発リスクの軽減率は、約10~20%程だと言われています。





がん遺伝子治療の優れている所・がん化した細胞を根治する治療法

  1. いつでも、すぐに治療(外来治療 30分余り、入院の必要はない)が受けられます。
  2. 全てのがんは、遺伝子の変異が原因です。その遺伝子を直して正常な遺伝子にする治療法です。(遺伝子治療は、変異を起こした細胞のみに作用します、正常細胞には影響のない副作用の非常に少ない治療です)
  3. 抗がん剤や放射線治療では、がんを小さく出来ますが、ゼロには出来ません。子供のがん細胞は、消滅させますが、分裂しないがん細胞の親玉である「がん幹細胞」は生き残り、子供のがん細胞を爆発的に作ります。これが再発です。 遺伝子治療は「がん幹細胞」の消滅に治療効果を上げています。
  4. 手術・抗がん剤治療・放射線治療(標準治療)の弱点を補い、他治療を妨げないがん遺伝子治療を行うと免疫療法(相性が良い)も含めて併用療法は、相乗効果が出て治療効果を高めます。
    ※併用療法=殺傷方法の仕方が、違う治療を組み合わせることで、がんの治療効果が相乗的に高くなります。
  5. がんの種類(変異した遺伝子を直接攻撃する為、がんの種類は関係ありません)。病期(ステージ)・転移・再発・前がん状態(がん予防)に関係なく、副作用が少なく、苦痛のない点滴治療が主です。
  6. 再発された患者様・末期の患者様にも治療が出来て、治療効果が期待出来ます。
  7. 全身に作用する。マイクロ転移や、微細ながん細胞からの転移の恐れのある手術後の「再発予防」(血液、リンパ液から全身の細胞に広がる為)にも有効です。

遺伝子治療 E10A 治療説明

  1. がんは、新生血管(腫瘍血管)を自ら作り、栄養や酸素を供給して、腫瘍を大きくして(進行がん)行き、転移も起こします。
    【新生血管がなければ、がん組織は、1~2mm以上になりませんし、その後 壊死します】
  2. 点滴で エンドスタチン遺伝子(1カプセル内に1兆個 1クール:6カプセル= 6兆個)が、がん細胞内に入り「エンドスタチン タンパク質」になる。
    【エンドスタチン タンパク質は、体内にある物質なので、毒性・副作用はありません】
  3. エンドスタチン タンパク質が、新生血管を抑止、壊死させます。いわゆる「兵糧攻め」でがん細胞を消滅させます。虚血によるがん細胞の大量消滅です。
  4. 治療スケジュール
       ・治療に同意されると、数日後から治療開始が出来ます。
       ・3回から6回投与 (通常、毎週1回投与を3週間から6週間で行う)
          治療回数・投与スケジュール等は、病状により異なります。

がんは、DNA変異病である。

  1. がんは、正常なDNAが何かの理由で後天的に突然変異して発生する病気。
  2. がん遺伝子治療は、治療用の正常なDNAを投入し、変異した患者のDNAに代わって働かせるものです。なお、親から受け継がれた自分自身のDNAを変化させることはありません。

がん遺伝子治療 E10Aの治療説明

血管新生

がんには、元々血管が備わっていません。がん細胞は、栄養や酸素を得るために、自ら血管を引き込もうとします。(図1)
これが血管新生と呼ばれる現象です。がん細胞は大きくなるのが早く、多量の栄養や酸素を必要としますから、この血管新生がなければ、がん細胞は死滅します。



転移の抑制

血管新生には、がんの成長以外にもう1つの重要な意味があります。それは転移です。
がんが遠く離れた 場所へ移動するためには、周囲から血管を引き込んでその中に潜り込み、血液の流れに乗る必要があります (図2)。血管新生を阻害することは、転移の抑制に働きます。

新生血管を作りなさいと指令している物質の代表格は、VEGF(血管内皮成長因子)と呼ばれるものです。遺伝子治療で、VEGFの発現を抑制して血管新生を阻害します。

遺伝子治療E10Aは、がんの縮小に直接働く作用と、血管新生阻害に働く作用の両面を兼ね備えています。



治療方法

点滴(30分余り、全身投与)と 腫瘍内に直接投与(局注 30~40分)があります。
腹水や胸水が溜まっている場合は、腹水内・胸水内に直接投与します。
カテーテルを使用して、腫瘍に注入する場合もあります。





抗がん遺伝子導入療法

がんは、身体の設計図であるDNAが悪性変化し、その誤ったDNA情報を基にがん細胞が生まれ、増殖し続けた産物であるということは、いまや世界の科学者の間で周知の事実として認識されています。




遺伝子治療 E10A 治療効果

遺伝子治療 E10A の有効性の検証を行った。合計91名の患者様が臨床試験に参加されました。 選択基準:標準治療(手術・化学療法・放射線治療)で治療効果が、出ていない患者様


複合治療?(E10A+化学療法・化学療法単独)?の評価結果
CR PR (CP+PR) SD PD
複合治療群 E10A+化学療法 3.4% 48.3% (51.7%) 31.0% 17.3%
コントロール群 化学治療単独 3.3% 23.3% (26.7%) 40% 33.4%

※CR・PR・SD・PDの意味は、治療効果をご参照ください。




有効治療率


治療効果

91症例の遺伝子製剤(E10A) は、A判定の治療有効率は、51.7%【CR 3.4%+PR 48.3%】
   CR (Complete Response 完全寛解) 腫瘍が完全に消失した状態
   PR (Pertial Response 部分寛解) 腫瘍の大きさの和(縦+横)が、30%以上減少した状態
   SD (stable disease 延命効果) 腫瘍の大きさが、変化しない状態、長期不変
   PD (Progressive disease 無効) 治療に関係なく、進行した状態

※91症例の対象疾患(12種):肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん、すい臓がん、食道がん、乳がん、子宮がん、前立腺がん、咽頭がん、口腔がん、舌がん

※91症例の病期(ステージ分類) 3期~4期の患者様
   3期:腫瘍が比較的大きく、隣接する臓器に転移した進行がん
   4期:腫瘍が、離れている臓器まで転移(遠隔転移)した状態の末期がん





「遺伝子治療の臨床使用」

国内外の数万人のがん患者様の治療をしております。

消化管腫瘍
肝臓がん、胃がん、食道がん、膵臓がん、大腸がん、 胆管がん

呼吸器系腫瘍
肺がん、咽頭がん、鼻咽頭がん

口腔顎顔面腫瘍
舌がん、唇がん、下咽頭がん、歯肉がん、頬がん、 上顎洞がん、顎下腺がん、口底がん、耳下腺がん

女性悪性腫瘍
乳がん、子宮頚がん、卵巣がん

男性生殖器系腫瘍
前立腺がん

泌尿器系腫瘍
膀胱がん、腎臓がん

軟部腫瘍
脂肪肉腫、骨肉腫、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、滑膜肉腫、アク性繊維性組織球種

悪性湯出液
胸水、腹水

中枢神経系腫瘍
神経膠腫、神経芽細胞種、皮膚腫瘍、悪性黒色腫、扁平上皮がん


「治療の流れ」

  1. 無料相談室への連絡
    がん遺伝子治療を丁寧に分かり易くご説明、提携医療機関のご説明を致します。
    お気軽にお問い合わせ下さい。

  2. 初心予約
    患者様 又は家族の方は、紹介された 提携医療機関へ初診予約を行う。
  3. 提携医療機関での初診
    • 担当医から遺伝子治療を丁寧に分かり易くご説明致します。
    • 治療説明なので、治療を決定する必要はありません。ご自宅でご家族と充分に相談して下さい。
    • 治療に同意されましたら、最短で2日後に治療開始が出来ます。
  4. 治療計画
    • 1クール 3回治療(3週間)で6本投与 (毎週1回の2本投与を3週間で行う)治療回数、投与スケジュール等は、病状により異なります。
    • 患者様の状況(公立病院などの抗がん剤治療に合わせて)に応じて、無理のない治療計画を立てます。
    • 治療効果を診ながら、次の治療を判断致します。治療継続は、患者様の経済的負担を軽減するように考慮致します。

「がん遺伝子治療の適応の患者様」

下記の患者様の治療効果を高め (増強)ます。

  1. 抗がん剤治療、放射線治療を受けている患者様
  2. 原発不明のがんと診断された患者様、また前がん状態と診断された患者様
  3. 手術前の治療・手術後に転移した場合、又再発予防に適応出来ます。
  4. がん家系の方のがん予防

日本で実施が承認されている遺伝子治療臨床研究一覧


国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子医薬部掲載内容