よくある質問Q&A

皆様のいろいろなご質問にお答えいたします。
ホットライン: 080-2741-8859 (担当者が出ます)

抗がん剤、放射治療と一緒に遺伝子治療は受けられますか?

はい、受ける事が出来ます。

遺伝子治療は、抗がん剤(分子標的薬も含めて)・放射線治療との併用で治療効果を高めます。 また、遺伝子治療は免疫療法、温熱療法、高濃度ビタミン療法などと併用すると、治療効果を高めることがあります。

どのような「がん」に使用できますか?

新生血管を阻害して、傷ついた遺伝子を正常な遺伝子に

戻す治療です。白血病以外のすべのがんに適応できます。

 

進行がん、転移がんに使用できますか?

進行がん、転移したがんにも使用できます。

治療される多くの方は、進行がん・転移された患者様ですが、治療効果は期待できます。

治療効果はどれくらいですか?

臨床試験において、91症例の遺伝子製剤(E10A)

治療有効率51.7% (CR 3.4%+PR 48.3%)です。

CR (Complete Response 完全寛解) 腫瘍が完全に消失した状態
PR (Pertial Response 部分寛解) 腫瘍の大きさの和(縦+横)が、30%以上減少した状態
SD (stable disease 延命効果) 穏やかな進行と思われる状態、延命効果
91症例の対象疾患:肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん、すい臓がん、食道がん、乳がん、前立腺がん、頭頸部(咽頭がん、口腔がん)

外来通院で遺伝子治療は受けられますか?

ほとんどの患者様は、外来通院治療です。

点滴の場合は、20分~30分、腫瘍内に直接投与の場合は、30分~40分余りです。

この治療を受けた場合の副作用などのリスクを教えてください。

治療に伴い、特別な副作用などの報告はありません。

稀に人によっては、夜に軽微な発熱などが見られますが、翌日朝には平熱に戻ります。

 

治療費用はどのくらいかかりますか?

患者様の症状、治療方法により治療費用は変わります。

1投与:250,000円
1クール 6投与:1,500,000円

この治療は、社会保険や国民健康保険などの「公的な保険」は
適用になりますか?

この治療は公的な保険の適用対象にはなりません。

すべて自費診療での治療となります。

ただし保険・損保会社が販売する医療保険などの対象となる場合がありますので、詳細はご契約の会社に、ご確認ください。